第26回 世界農業遺産勉強会

1月22日に第26回世界農業遺産勉強会を開催しました。
今回のテーマは 「肉の消費量拡大が環境に与える影響」「遺伝子組み換え作物」です。
日本人の食生活は1960年頃までは、野菜や魚が中心でしたが、今は肉食が増えています。世界中がこの傾向にあるようです。
肉の需要に応えるために巨大化したシステムが、病原菌の拡大を誘発するようです。
詳しくは、こちらをどうぞ。